オフィス諷雅フーガ Office Fugaオフィス諷雅フーガ Office Fuga

CONCERTS公演情報

ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクール優勝
昨年のショパン国際ピアノ・コンクールの演奏も大反響!
シモン・ネーリング ピアノ・リサイタル

日時

2022年8月11日(木)14時開演(13:15分開場)

※チケット一般発売 5月28日(土)10時~
※オフィス諷雅メール登録会員は先行予約あり

会場

ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀芸術劇場小ホール)
京急汐入駅前/JR横須賀駅徒歩8分

出演

  • Symon Nehring(シモン・ネーリング)

    シモン・ネーリングはポーランドの若い世代の最も才能のある、将来を約束されたピアニストのひとりである。2017年世界で最も重要なピアノコンクールのひとつである、アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール(テル・アビブ)で優勝。2017−2019シーズンは、イェール大学音楽院にてボリス・ベルマンの元で学ぶ。2015年、クリスチャン・ツィメルマン奨学金を授与される。第17回ショパン国際ピアノコンクールに出場。ファイナリストとなり、聴衆賞のほか、数々の賞を受賞。2016年、ポーランド人作曲家の作品を収めたデビューC Dが、ポーランド・フォノグラフィック・アカデミーにおいてフレデリック賞を受賞。(ソロ・リサイタル部門)他にも、ユレク・ディバウ、クシシュトフ・ペンデレツキ指揮シンフォニエッタ・クラコヴィアとのショパンの協奏曲、及びク作曲者自身の指揮による同オーケストラとのペンデレツキ・ピアノ協奏曲「復活」をリリース。最新の録音は、ピリオド楽器(エラール1858年製)を用いたショパンの作品集を収めたCDである。
    これまでに、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団、カトヴィツェ・ポーランド国立放送交響楽団、N F Mヴロツワフ管弦楽団、イスラエル交響楽団、バンベルク交響楽団、マルセイユ・フィルハーモニー管弦楽団、ハートフォード交響楽団、カルガリー交響楽団、18世紀オーケストラなどと共演。イェジー・マクシミウク、ヤツェク・カスプシック、グジェゴシュ·ノヴァック、パブロ・ヘラス・カサド、カリーナ・カネラキス、ジャンカルロ・ゲレーロ、オメール・メイア・ウェルバー、ジョン・アクセルロッド、ローレンス・フォスター、デヴィッド・ジンマン、クシシュトフ・ペンデレツキなどと共演を重ねている。
    ネーリングは、カーネギーホール、エルプフィルハーモニー・ハンブルク、バルセロナ・カタルーニャ音楽堂、コンツェルトハウス・ベルリン、コペンハーゲン・D Rコンサートホール、ウィーン学友協会ホール、ミュンヘン・ヘラクレスザール、プリンツレーゲンテン劇場などで演奏を行なっている。
    2019年、オルフェウム財団に招待され、デヴィッド・ジンマン指揮、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団と共演。2020年にはベルリン・フィルハーモニーホールで演奏した。



曲目

シマノフスキ:20のマズルカOp.50 より
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第6番「戦争ソナタ」
ショパン
夜想曲第16番 変ホ長調 Op55-2
幻想ポロネーズ変イ長調 Op.61
マズルカ 第33、34番、35番 Op.56
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 op.22

入場料

全席指定 S席¥5,000 A席¥4,000 学生席(高校生以下)¥2,000
※学生券の販売は、オフィス諷雅、チケットぴあ、イープラスのみ
5月28日(土) 一般発売開始

主催・協賛

主催:オフィス諷雅

協力:公益財団法人横須賀芸術文化財団(横須賀公演のみ)

チケット購入方法